このブロウは社会学かぶれの自分が、日々過ごす中で感じた事、読んだ物、多々ある中、適当に思った事をちょっと社会学的に見てみようか、程度のブログです。


by gsocio

カテゴリ:映画の批評( 4 )

MILK

f0192765_19212343.jpg映画「MILK」はアメリカで初めてゲイである事を公表し選挙で選ばれ公職に付いた人物である、故ハーヴェイ・ミルク伝記である。

映画はミルクがもし自分が暗殺された時のみ再生すべしと残されたテープにミルクが遺書を録音している所から始まる。その中で解るのはミルクは決して若き日から志の高い人物ではなかった事や、彼が起こしたムーブメントが決して平坦ではなかった事が解る。そして彼がサンフランシスコに行くまでゲイである事を隠し、脅えて生きていた事も。

しかしミルクは会社にゲイである事がばれてしまい会社を解雇されてしまう。それをきにミルクはパートナーのスコットと共に当時の他のゲイ同様にサンフランシスコに移り住みカストロ通りにカメラ屋を開く。そして、この店とカストロ通りから全てが始まる。後にカストロ通りは世界最大のゲイタウンに成って行く。

映画の中でミルクはゲイの観衆に向けてこう言う、

「My name is Harvey Milk. I wanna recruit you」

実際はミルクがゲイではない集会等での観衆に向けて演説する時の最初の決まり文句だったのだが、この映画の中ではゲイの観衆に向けて少し違った意味合いが込められている。それは、ミルクはゲイの人々を民主主義の世界へとrecruitしたかったのだ。キリスト教社会のアメリカに置いてゲイであると言う罪の意識が場合によってはあるためか、耐え忍んできた理不尽な差別に対して、民主主義に参加する事こそが自らの生存権と、権利そして義務を守る事に繋がると言う意味が込められている。彼はクローゼットの中に隠れていたゲイの人々にだけではなく全てのマイノリティーに向けてこのメッセージを送っていた。

ミルクは決してゲイだけの為に活動はしなかった。何故ならゲイだけの為に活動すれば他の例えば黒人が弾圧され差別されようとも見ない振りをする。これでは、我々をゲイゆえに差別してきた人々と我々は同じに成ってしまう。そしてミルクは他のマイノリティーグループと協力体制を作っていく。そして終には、アメリカで最もマッチョなトラック組合までも仲間に引き入れてしまう。ミルクは決して高い理想だけを語る政治家ではなく。高い理想を持ちつつもプラグマティックに政治活動を行える所も兼ね備えていたのだ。そして、政治的野心も。

彼は演説で全てのゲイはカミング・アウトする様に呼びかける。それは彼ら自身の為ではなく、子供たちの為に。田舎で生まれた子供は自分がゲイである事に罪の意識を感じ誰にも自分がゲイである事を言えず、誰かを愛する事も出来ず愛される事もなく、希望の無い人生を送らなければ行けない。しかし、もし全てのゲイがカミング・アウトすればメディアを通じて色んな(有名人や身近な人)人々がゲイである事を田舎の子供は知り、未来に希望が持てるようになる。これはゲイだけなく、黒人もアジア人もどんな障害者も希望が無ければ生きられないのだと。

これは今の日本にも言える事だ。今日本で未来に希望が持てない人々がいる。その中には生存権が脅かされている人も多く居るだろう。未来に希望が持てないとほざく中学生のかっこつけだけではない幻滅感。共同体を失い、根が無いが為に柱にすがるへたれネット右翼。ハイパーメリトクラシー社会において、今までの積み上げた物を否定された勉強田吾作。障害があるがゆえに恋愛を諦める人々。生まれのせいで差別される人々。他にも数多くの希望を持てない人々が日本には居る。彼らにも生きていく為に希望が必要なのだ。

そんな彼らを纏め上げるリーダーや、彼に纏まる各グループのリーダーが日本には居ない。居なくも無いのだけれど数が圧倒的に少ない。日本には学問、行政、財界エリートは居ても市民エリートが少なすぎるからだ。

話を戻して、「MILK」は素晴らしい映画です。彼が暗殺されて今月27日で30年成ります。しかしそんな中、カリフォルニアでは同性愛の結婚を禁止する法律が可決されました。ミルクが目指した所はまだ遠いようです。
[PR]
by gsocio | 2008-11-29 22:53 | 映画の批評

This Divided State

f0192765_1314715.jpg前回紹介したSlacker Uprisingのマイケル・ムーアの講演ツアーは色々な場所で歓迎と非難の対象になったと書いた。その中で最も保守的な地域で行われた講演の裏側で地域住民を巻き込んでの大論争を撮ったドキュメンタリー映画がこの「マイケル・ムーア in アホでマヌケな大統領選」だ。アメリカの言論に対するある種の健全さを知る上で良い映画だと思う。

英語名は「This Divided State」とまともな名前です。

日本のイトルにはマイケル・ムーアと出ているが、マイケル・ムーアの作品ではない。そしてムーアが出てくるのはほんの5分程度。町の映画館で働くムーアそっくりのおじさんと分数では同じくらい。なので、ムーア監督を中心とする映画でもなく、ムーアを呼ぶか呼ばないかで揺れる大学、地域住民、生徒達、生徒会、と教授陣を追った映画である。

舞台は2004年にモルモン教とが大半を占めるユタ州の州立大学の生徒会が大統領選の前にマイケル・ムーアを講演で呼ぶ事を企画した事から始まる。

地域住民の大人達はムーアは我々の価値観を壊すと言う理由から、イラク戦争んい対し声高に反対するムーアを呼ぶ事に反対し、また学生の中からも同様の理由からか(本人は別の理由を挙げている)反対する生徒も現れる。

しかし、生徒の多くはムーアの講演を聞く事を望んでおり、大学内は反対派と賛成派が地域住民や教授陣も含めて二分する形となる。

この二分構造がアメリカの言論に対する健全さを物語っているのは、ムーアを呼ぶ事に賛成する者の仲にもムーアに批判的な者が居る事だ。彼らがムーアを呼ぶ事に賛成な理由は、どんな意見でも言論は封殺される物ではなく、また我々が最も嫌う意見こそ我々が最も耳を傾けなければいけない意見だから、という考えからだ。この意見と同様に大学側も大学が二分化されたこの事態を、生徒が活発に発言し合う事から好意的に受け入れている。この辺は日本の大学には無い所だろう。この様な人達が一定数居る事がアメリカの持つ一種の健全さの表れだろう。

しかし、地域住民の代表の町の名士は、自分は損な役回りだと漏らしながらも、講演会場のチケットを全て買い占める案や生徒会役員を訴えるなどし、ムーアの講演を妨害し続ける。そしてマイケル・ムーアやってくる。

最後はかなり後味が悪い結末になるが、アメリカに有って日本に無い物は何かを考える上で興味深い映画である。また、この日本に無い物こそが私がアメリカに憧れる物の一つでもある。

モルモン教の州という背景や大学の立ち位置、地域住民の考え、そして生徒と生徒会の賛成反対双方の議論。この映画は大統領選挙後でも見ておいて決して損は無い映画です。
[PR]
by gsocio | 2008-10-23 13:08 | 映画の批評

Slacker Uprising

f0192765_18415172.jpgもう直ぐアメリカの大統領選挙の投票日が近づいて来ています。私の大学は民主党のブルー・ステイトのマサチューセッツ州という事もあり、オバマ一色です。ついでに町でもオバマの名前をよく見かけます。そんなアメリカの大統領選挙の雰囲気が解るマイケル・ムーア監督の映画Slacker Uprisingを紹介したいと思います。

Slacker Uprisingは、2004年に行われたマイケル・ムーアの演説キャンペーンをドキュメンタリーにした作品です。今年の大統領選にあわせて、失敗した試みとして無料でアメリカとカナダで配信されています。でも、YouTubeで何所の国からでも無料で見れたり。


↓ここで見れます↓
http://jp.youtube.com/profile?user=SlackerUprising&view=videos


このキャンペーンの目的は、マイケル・ムーアが色々な州の大学を講演して周り、18歳から29歳の若者を投票所へと行かせる事。さらに言えば、2000年のゴア対ブッシュの大統領選挙に行かなかった若者(怠け者=Slacker)を投票に行かせる事にある。そして、ムーアが演説をする会場で前回2000年の大統領選では投票に行かなかったが、今回2004年の大統領選では投票に行くと約束すれば、なんと一日分の新品の下着とヌードルがムーアからプレゼントされる。まさにアメリカ的な洒落です。

時を同じくして世界中で話題になった華氏9/11が公開された事も影響して、行く先々で歓迎と妨害が繰り広げられます。

アメリカで大統領選挙の一面をみるには面白い作品だと思います。アメリカのこういった洒落も入れながら政治キャンペーンや活動が出来る所に私は憧れてしまう。そして全体的な学生の政治への関心の高さにも。

Slacker Uprisingは久し振りのムーア監督が作った面白い作品ですが、ドキュメンタリーのレベルとしては華氏9/11やシッコと同じくらいです。ムーアの最高傑作はやはり「ロジャー&ミー」。
[PR]
by gsocio | 2008-10-21 17:32 | 映画の批評

「W.」

f0192765_7205160.jpgオリバー・ストーン監督の「W.」はブッシュ大統領(以降W.)に対して批判的な映画を見たい人には少し物足らない映画かもしれない。しかしながらブッシュ大統領を語る上で見ておく価値のある映画ではある。監督はこの映画を「人々はこの映画が優しさに満ちている事に驚くだろうと」語っている。私もそう思う。なぜなら映画を見終わった後に、あのブッシュ大統領に対してシンポシーを少なからず抱かずには居られなかったからだ。いや、ブッシュ大統領ではなくW.に。

ストーン監督はW.と同様にイエール大学に入学している。その理由も似ていて、W.は父の命を受けて政治家になる為にイエールに送り込まれ、ストーン監督も証券マンの父に将来ビジネスで成功する為にイエールに送り込まれた。しかしストーン監督はそんな環境が嫌になりベトナムへ行ったが、W.は嫌々ながらも父の言う事を聞きイエールに残りベトナムに召集されない為に州軍に入隊した。ベトナムが二人の分かれ道とストーン監督は語っている。ストーン監督は「ニクソン」ではニクソン大統領を自分の父親と重ね合わせて描いていた。「W.」ではベトナムに行かなかった自分をW.と重ね合わせて描いている。もしベトナムに行っていなかったら、自分はどの様に成っていただろうと。

この映画で注目すべきはやはりW.と父である前大統領の関係であろう。政治家になる為にイエールに送り込まれたと言えば聞こえは良いかも知れないが、ブッシュ家に置いて、長男でありながら素行の悪さからW.は一族内で厄介者扱いされていた。偉大な父親を越えようと反発はするも、偉大すぎて超えられない為に従順するしかない。そして父に期待を寄せられている弟の存在。

1994年のテキサス州の知事選に周りの反対を押し切って打って出る。ブッシュ家は時を同じくしてフロリダ州知事選に出馬した弟のジョブ・ブッシュの応援に忙しくW.を応援する余裕は無いと言われるが、しかしW.は出馬し見事当選する。この時から彼の中で自分と父との関係と政治とを重ね合わせて見る様になって行く。もしかすると、前年に父の大統領二期目を掛けた選挙での敗北を見て、弱い父を見てしまった時からかもしれない。

ブッシュ大統領が大統領に就任以後、周知の通りアメリカの政治状況は今までに無いほど複雑化して行く、そんな中でブッシュ大統領はこの大きな問題を父と子の間の個人的問題として捉えてしまい、自分を含めた全世界の状況を悪化させて行く事になる。

別にブッシュ大統領を擁護する訳ではないが、彼の置かれた状況は同情に値するし、彼の人間性に引かれる所もある。そう思わせるのは、やはりこの映画の優しさなのかもしれない。

最後に、もしブッシュ大統領がストーン監督と同様に自分の置かれた環境が嫌になりベトナムに行っていたら彼の人生は、アメリカ大統領にまで上り詰めても不幸な人生ではなく、もっと違った物に成っていたかもしれないと、私は思った。

まあ、オススメの映画です。
[PR]
by gsocio | 2008-10-18 07:25 | 映画の批評